2015年12月31日

ビキニラインのムダ毛処理|肌に優しい抑毛ジェルで簡単

ILM16_AB03008.jpg

水着の季節に気になること…

ビキニラインのムダ毛を処理した後に
   お肌がガサガサ・ブツブツになってしまっていませんか?


肌荒れしないムダ毛処理方法が無いかなと思っていませんか?

太いムダ毛がせめて薄くなればと思ったことはありませんか?

そんな時に肌に優しい抑毛剤 ↓↓





カミソリを使うと、肌の表面も削っているのでガサガサに肌荒れしてしまいます。
しかも、処理してもすぐ伸びてきます。

毛抜きで抜くと、毛穴が開いてブツブツになってしまうこともあります。

脱毛剤を使うと、肌にシミが出来て黒ずんできたりします。

そんな悩みを解決したいですね。


310.gifビキニラインのムダ毛をウブ毛にコントロールできる抑毛剤





使い方は簡単!
お風呂あがりに塗るだけ!
毎日塗ると、ムダ毛が徐々に細く薄くなります。

4〜6週間と個人差によりますが、少し時間がかかりますけれども
安全にムダ毛の発毛を抑制(コントロール)します。


脱毛クリームではありません。

皮膚の表面ではなく毛根にしっかりと抑毛成分が浸透。

痛み・刺激・臭いもありません。

べたつかないので、ビキニラインに塗っても
すぐに下着を付けることが出来ます。




WS000000.JPG

30日間ジェルを塗るだけで、
太いムダ毛もこんなに薄くなります!


310.gif敏感肌、お肌が弱くても使えるムダ毛処理ジェル

無香料、無着色、合成界面活性剤無添加。
人工着色料、人工ジェル化剤無添加。
肌に優しい抑毛ジェルです。

ムダ毛を処理した後の肌荒れトラブルとはサヨナラ!

ビキニラインをガサガサぶつぶつから
ツルツルスベスベに変えましょう♪

太くてハミ出してたムダ毛ともお別れ!



60日間は、開封後でも使用後でも100%返金保証付。
安心してお試しいただけます。

始めての注文は20%オフ。
受付より2営業日以内のスピード発送です。

お支払方法は、代金引換のみとなります。
※代引き手数料は無料です。
button10.jpg

2012年04月15日

アンダーヘアが毛深い場合はどう処理する?

ビキニラインなど、アンダーヘアーのムダ毛が濃くて
どう処理していいか困っている場合はどうしたらいいでしょうか。

面積が広い方の場合、剃っていることも多いでしょうが、
チクチクとしてしまってエッチの時に気付かたりしたら嫌ですよね。
しかも、ぷつぷつになってしまう危険もあります。
といって、抜くには多すぎるし、痛いこともけっこあります。

そうしたときには、いくつか方法がありますが、まずエステでのレーザー脱毛。
1度で永久脱毛というわけにはいきません。
毛根から毛が生える周期にあわせて何度か通うことになりますが、
確実にムダ毛を無くしていくことが出来るでしょう。
2〜3万円でV、I、Oラインがそれぞれできるのではないでしょうか。
カウンセリングは無料のところも多いので、相談しに行くのもいいかもしれません。

次に、皮膚科の医療用レーザーでの脱毛。
エステよりも威力が強いため、もっと短期間で処理を完了出来ます。
同じく何度か通う必要はあります。
しかし、もともと皮膚科のため、皮膚の状態も見てもらうことができるのは
大きなメリットでしょう。
肌荒れしていたりしていたとしても、薬も貰うことができるので安心です。

次に、やはり自宅で自分で処理をしたい場合。
エステや医療脱毛がいいと思っても、恥ずかしいし、お金もかかるし…
と思っている人も多いのではないでしょうか。

そんな時は、家庭用脱毛器でもアンダーラインに使用することが出来るものも
多く発売されていますので、そうした器具で処理する方法もあります。

もし、時間が多少かかってもいいから、より肌に優しい方法をとお考えならば、
なるべく肌に優しい脱毛クリームなどを使った後に、
塗っていくうちにムダ毛が薄くなる抑毛剤を塗って
段々とムダ毛を薄くしていく方法もあります。
抑毛剤には、お肌の保湿も出来るものが販売されていますので、
その意味でもおすすめです。

参考記事
ビキニラインのムダ毛処理|肌に優しい抑毛ジェルで簡単

posted by datumou116116 | ビキニライン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月08日

黒ずみに注意

ビキニラインなどデリケートな部分は、色素沈着を起こして黒ずみやすいので注意が必要です。
黒ずみができやすいのはひじやひざ、足のくるぶしなど摩擦を受けやすい場所です。

肌の防御作用で角質が硬く、厚くなって色素沈着をおこしたり
透明感がなくなってきます。

このような場所ではスクラブ剤などで古い角質を落とすケアをすればいいのです。

一方胸やヒップ、背中など特に摩擦が多いとは思わない部分に
黒ずみができることがあります。
どうして黒ずんでしまうかというと、いつも洋服などで隠れている部分の
場合には下着やお風呂で使っているタオルなどに原因があります。

お風呂でナイロン製のタオルを使って肌をごしごししていると
肌への刺激が強すぎて色素沈着を起こしがちです。
特に痩せている女性は骨のくぼみに摩擦が強くなりすぎて
ビキニラインなども黒ずんできます。

なので、下着も注意が必要です。
ブラジャーやショーツはきついものを我慢してつけていると
肌のデリケートな部分にこすれて黒ずみになってしまうことがあります。

下着の大きさには気をつけましょう。
買うときは試着できると一番いいですね。

また、水着も下着のように密着して着るものですので
デザインだけで決めてしまわないで必ず試着しましょう。

ゆるすぎるのはもちろんNGですが、
きつすぎる水着ではビキニラインの黒ずみをひどくしてしまいます。

posted by datumou116116 | トラブル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
FX情報サイトの入り口http://www.fxdefx.com/
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。