2011年04月25日

ムダ毛の処理の仕方のメリット・デメリット

ムダ毛ケアの自己処理方法には色々ありますが、
それぞれのメリットとデメリットについて
知っていた方がいいでしょう。

キレイになるつもりが、反対になってしまっては
元も子もありませんから。

まず、カミソリやシェーバーでムダ毛を剃る方法では、
表皮から伸びているムダ毛部分を断ち切るっています。

全ての部位のムダ毛ケアに適していますが、
すぐ再生するので除毛効果は長続きしませんね。
断面が広い為に、ポツポツと目立ってしまうことも。

次に、毛抜き、脱毛テープ、脱毛ワックス、
電気脱毛器で抜く方法。

メリットは、根元部分からムダ毛を引き抜くので、
除毛効果が長持ちして仕上がりが綺麗なことでしょうね。

注意としては、ケアの方法によっては痛みが大きく、
毛が途中で切れてしまい、取り残す事もあるということです。

その他には、除毛剤で溶かすというものもあります。
薬品によって科学的に、表皮から上に伸びている
ムダ毛を分解するという方法ですね。

ほとんどの部位に使用出来て、痛みが無いのがメリットです。
しかし、除毛処理に時間がかかる割に長持ちしないのがデメリットです。

それから、脱毛剤で色を薄くする方法です。
表皮から上に出ている部分のムダ毛の色を薄くし、
目立たなくしますが、毛が伸びてくると不自然になってきます。

かぶれ等のケアに注意する必要がありますが、
ムダ毛の色を抜くだけなので、痛くはありません。

ただし、肌に合わなくて荒れてしまうこともありますね。

その他には、医療レーザーによる脱毛や、
絶縁針による脱毛を美容クリニックで行うという方法もあります。

「永久脱毛」といわれ、ムダ毛がまた伸びてくる心配がなくなり、
手間が減るのが一番のメリットでしょうね。
費用が高くなるのがデメリットでしょう。

メリットデメリットを考えて、
自分にあったムダ毛処理方法を選択するといいでしょう。
posted by datumou116116 | 処理方法のメリット・デメリット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
FX情報サイトの入り口http://www.fxdefx.com/
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。